2011年03月03日

ホリエモンのセミナーに行きました

ちょっと前の話ですが、あのライブドアの元社長のホリエモンの教育セミナーというものに行ってきました。

これはインターネットのポータルサイトをやっているエキサイトという会社の主催で、堀江さんを講師に教育について語ってもらうという企画で、そのテーマは

「就職難や学力低下を、あなたのお子さんとは無縁のものにするために」

とありました。

なんでホリエモン?教育セミナー?と、実は募集を知った際私もたくさんの「?」があったのですが、私にも来年幼稚園に入る予定の息子がおりテーマに興味があったこと、また無料で12人という少人数の募集で、直接堀江さんに質問する機会もあるということで軽い気持ちで応募してみました。

簡単な自己紹介と、グローバル化する社会について、また英語はこれからどう仕事で使うべきかなどのアンケートに答えて応募。

。。。数日後ご招待状のメールが届きました!

「都内某所にて行います。場所、時間などは秘密厳守でお願いします。」

とありました。
なんでも応募総数5264名だったそうです。
その内の12人に選ばれるのは運がよかったのか、はたまたここで運を使っちゃってよかったのか??
チラリと妙な葛藤がありましたが、ともあれワクワクしながら参加。

会場には私を含む一般の12人のほかにマスコミ関係の人がさらに10人ほど。
思ったより小さい部屋でした。

実際に見たホリエモンはテレビで見るのとそのまま。
教育について、グローバル化する世界についてを、立て板に水のように理路整然と話してくれました。

エキサイト教育セミナー
真中の写真の手を挙げているのが私です^^


一番印象的だったのはとにかく質問に対して答えが返ってくるのが早い!こと。
答えたあとに彼独自の理論による説明が続くのですが、しばらく話していてもそれがまた必ず最初の答えにつながって帰ってくるんですね。

私も話好きなのですが、しゃべるほどに本題を忘れて脱線していることが多々あるので(_ _)、そのブレのなさはすごいなあと思いました。


以下、話の内容で印象にのこったこと

○世の中仕事はいくらでもある。内定が取れないと騒いでいる人は仕事を選んでいるだけ。

○日本の教育システムは画一的。優秀な子は飛び級させるべき。横並びの教育はできる子はやる気をなくす。

○親の子供への愛は無償の愛。取り返しのつく範囲の失敗はやらせる。自分で失敗しないと自主性が育たない。
親は経済的な援助をしながらその尻拭いをしてあげること。

○グローバル化といっている日本の企業も実は役員のほとんどが50代以上の日本人男性が占めている。
優秀な外国人や女性を登用せず既得権益にしがみつく日本企業は競争から取り残される。

○外国人に「和を重んじる」と言っても理解されない。みんなもっとディベートに慣れるべき。

○今の時代ただ「日本人である」ということのアドバンテージはもうない。自分は70億(世界の人口)分の1であることを意識すること。

○よい暮らしをするには競争に勝つしかない。世界一の品質のものを作るようとにかく努力するしかない。

○ネットの時代に大事なのはコミュニケーションスキル。信用される人間になること。



これらの答えはまた彼らしく非常に合理的で、ちょっとキツいようなドライなような。。賛否両論あると思いますが私には頷くところも多く、非常に有意義な時間でした。




本革製 犬携帯ストラップ プチワンちゃん
http://www.vancashop.com 
レザーキーホルダー・ストラップ・革小物の通販|革物語のVANCAショップ




posted by コンタナカ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。