2011年03月22日

停電の影響

地震から早くも10日が過ぎました。

弊社は千葉県の船橋市にあるのですが、今でも毎日のように余震を感じます。
また現在関東全域で行われている計画停電には少々戸惑いました。
先日は作業中に突然電気が落ちるということがありました。

その時間は停電になるグループにあることは事前に知ってはいたのですが、その前日にはグループに入っていながらも実際には停電にならなかったので、つい今回も大丈夫だろう、、とたかをくくってしまっていました。

東京電力の発表によると、計画停電予定のグループにあっても直前になって回避されることも、またそのグループに入ってなくても予告なく停電になることもあるようです。

幸い作業中の突然の停止にも工場も工房の職人や機械にもトラブルはなく、また事務側ではコンピューターももちろん電源が落ちてしまったのですが、それまでのデータをバックアップしておくサーバーは無停電電源装置という、停電時に一時的に電力を供給する機械が働き無事でした。
(今でこそ「無停電電源装置」というもののありがたみがわかりますが、それまでは「用途不明な箱」と思っていました。。)


ところが電気が回復した後もなぜかインターネットにつながりません。
ルーターや主装置を点検したのですが異常は見当たりません。
いよいよNTTを呼ぼうか?思っていたところ、ふとハブの電気がついていないことに気付きました。
「ハブ」とはパソコン等につながっているケーブルの集線装置と呼ばれるもので、弊社のインターネットや社内ネットワークは全てこのハブを介してつながっています。

どうやらこのハブが何かしらの理由で停電により壊れてしまったようです。
とにかくネットが使えなくては伝票が打てない、銀行の振込ができないなど取り急ぎの仕事にも支障があります。
急いで近くの電気屋さんに買いに行こうと車を走らせました。

外に出て「何かおかしい。。」と思いました。
当たり前なのですが、信号がついていません。
警察の人が交通整理をしている交差点はいいのですが、小さな交差点などはかなり注意して運転しました。
しかし今度はほどなくして渋滞がありました。

しばらくしてその渋滞がガソリンスタンドの給油待ちの列であったことがわかりました。
片道一車線の道で、対向車線も並んでいたのでこの列を回避できなかったのです。

その後無事新しいハブを購入、接続もでき事なきを得ましたが、
しかし突然の停電など未経験の事態には思いもよらないことがあるのだと考えさせられました。

この非常事態、みなさんも交通事故などないようお気を付け下さい。

震災の影響はこれからも私たちの生活、産業や経済などにもまだしばらくあるのではと思いますが、やはりみんなで力を合わせて乗り切っていくしかないですね。

私たちも前向きに行きたいと思います。



本革製 犬携帯ストラップ プチワンちゃん
http://www.vancashop.com 
レザーキーホルダー・ストラップ・革小物の通販|革物語のVANCAショップ


posted by コンタナカ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック