2012年05月08日

外国人の考える日本の製品とは?

早くも5月、みなさんのゴールデンウィークはいかがでしたか?
私は妻の親戚巡りを兼ねて、和歌山、奈良などに旅行に行きました。

DSC_2343.jpg

奈良では大仏様で有名な東大寺に行ったのですが、外国人の観光客が多かったですね。
おそらく彼ら目当てと思われるお土産屋さんもたくさんありました。
どんなものを売っているのかなとのぞいてみると、こけしや扇子、日本人形、力士や忍者のプリントをしたTシャツ、マグカップなどがあります。

歴史のある観光地のお土産屋さんだけにああ、やっぱり外国の人の考える日本のイメージってそうなのかなあと思うようなグッズがたくさんありました。
しかし最近はマンガやアニメ、キャラクター製品などサブカルチャー系の雑貨もよく売れていると聞きます。
先日秋葉原に家電製品を買い物に行ったところ、そういったオタク系?グッズのお店の看板や値札には英語も併記されていて、実際店内にも外国人は多かったです。

外国の方の日本に対するイメージは大きく変わってきているのでしょうね。
最近は自動車や家電、パソコンなども韓国や台湾などのメーカーに押されがちのようですが、
しかし「メイドインジャパンはクオリティがよい」、という認識は今も根強いと思います。

弊社も海外には積極的に販売していきたいと考えており、
2003年から主にアメリカで小売店向けのギフトやペットの展示会にも定期的に出展してきました。
ここのところの円高を鑑みて昨年からは一時的にそういった出展は控えているのですが、
それでも弊社の製品を高く評価していただき、
以来ずっと定期的に購入してくれるリピーターのお客様もできました。
その成果かここのところもサイトを通して海外の一般消費者からの購入、また電話やメールでの問い合わせも増えています。

海外に販売を始めた当初は「日本製の手作りの革製アクセサリー」というものは
外国の方から見て、このデザイン、サイズ、値段はどう思うのだろう。
そもそもレザー製の雑貨というジャンル自体受け入れられるのだろうか。。?
とおっかなびっくりやっていたのですが、
嬉しい事に「届いてみたらデザインもクオリティも想像以上に良い製品だった」
と言ってもらえることが多いです。

最近は上記のように家電や洋服、日用品まで海外製で安くても十分使えるような品物が
多くなってきたと思うだけに、、
彼らにもずっと「やはりメイドインジャパンは違う!」と思ってもらえるように
これからもひたすら品質のよい製品をつくって行かなくては。。とあらためて考えました。

革物語キーホルダー 助六

革物語キーホルダー だるま

革物語キーホルダー 鯛焼くん

本革製 犬携帯ストラップ プチワンちゃん
http://www.vancashop.com 
レザーキーホルダー・ストラップ・革小物の通販|革物語のVANCAショップ



posted by コンタナカ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。